クライアント様トレーニング風景 練馬区FIRST GYM大泉学園店

query_builder 2022/02/09
クライアント情報
thumbnail_PNGイメージ

週1回通っていただいてもう4年目になるお客様です。


トレーニング風景をご紹介いたします。

背中のトレーニング

背中を鍛える効果

1.姿勢改善


背筋が伸びて身体への負担が少ない姿勢を維持するには、脊柱起立筋をはじめ背中の筋肉が重要な役割を担っています。


そのため、背中の筋肉が弱いと、気づかないうちに姿勢が崩れてしまいます。


背中の筋肉を鍛えることで、しっかり真っすぐな姿勢を維持しやすくなるでしょう。



2.肩こりや腰痛の予防


僧帽筋などの筋肉が弱いと、頭をしっかり支えられず肩こりが起こりやすくなります。


また、姿勢が崩れることで腰が反ったり曲がったりしてしまい、これが原因で腰痛につながることも。


肩こりや腰痛に悩まれている方は、背中の筋肉を鍛えることが予防につながるかもしれません。



3.基礎代謝の向上



筋肉が増えると、基礎代謝が向上します。


この基礎代謝とは、例えば体温維持や呼吸など、生命維持活動において消費されるエネルギーのこと。


その量は人によって異なり、誰もが特に運動しなくても、この基礎代謝の分だけ毎日エネルギーを消費しています。


そして背中はたくさんの筋肉で構成されており、これらを鍛えれば筋肉が増えて基礎代謝が上がるというわけです。


練馬区FIRST GYM大泉学園店

トレーニングメニュー

ラットプルダウン

thumbnail_IMG_0925

ラットプルダウンはラットマシンを使用したトレーニングで、引く動作を通して広背筋と大円筋を中心に僧帽筋や三角筋後部といった背中回りの筋肉を中心に鍛えることができます。


マシンに腰掛け引くという単純な動作しか必要としないため、最低限のコツさえつかめば初心者の方であっても効果的なトレーニングが可能。


重量設定も幅が広いため、初心者から上級者までおすすめのトレーニングです。




正しいラットプルダウンのやり方


1. 重量と足のパッドの高さを調節する
2. 肩幅より少し広めに手幅をとってバーを握る
3. 背筋を意識しながらバーを鎖骨辺りまで降ろす
4. ゆっくりともとの位置に戻す
5. 3と4を繰り返す



1セット10回を3セット行うことが目安です
ラットプルダウンのポイント


・このトレーニングも重い重量を無理に扱うのではなく、きちんとしたフォームでできる重量で効果的なトレーニングを意識してください。


・背中を倒しながら反動を使わないこと、肩甲骨を寄せることが難しくなり背中へ効きにくくなってしまいます。


練馬区FIRST GYM大泉学園店

記事検索

NEW

  • 太らないパンベスト5

    query_builder 2022/05/09
  • オートミールのダイエット効果

    query_builder 2022/04/21
  • ダイエットに対する考え方

    query_builder 2022/04/18
  • 筋肉あるある

    query_builder 2022/04/15
  • 太りやすいパンBest3

    query_builder 2022/04/14

CATEGORY

ARCHIVE